外法師 れい鬼の塚 (3巻) | 毛利志生子他

外法師 れい鬼の塚 (3巻)



毛利志生子他

書の代筆の依頼を受け、貴族の屋敷を訪れた玉穂。主の山陰典章は、無官の自分になんとか官位を賜るよう、帝に嘆願書を送るのだという。だが、ちょうど屋敷では法会が行われており、玉穂は本来の仕事を与えられないまま無駄な時間を過ごす。そんなとき、法会を行っていた老僧、,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア