クリスマスの恋 (1話) | 唐沢野枝

クリスマスの恋 (1話)



唐沢野枝

私はバーで歌ってお金をもらっている。嫌な奴に絡まれることもある。施設で育って、両親はいない。クリスマスも近くなった季節、そんな私に声をかけてきた、バーのボーイ。「ホントはもっと他にやりたいことあるんじゃないの?」――無責任に偉そうなこと言われたのに、ボーイ,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア